優秀でありながら経済的理由により就学が

困難な学生への適切なサポートを目指して

アルバイト人材を安定的に確保し、

CSRとコストダウンの両立が図れます!

当制度導入により、学生支援の強化と学校PRが

可能です。更に学生士気向上にも寄与します

学校入学と同時に、バイト&住宅の

確保もできる画期的な奨学金制度です♪

産業人材奨学金制度について

向学心に富みながらも経済的理由により就学困難な若者に対して就学と両立できるアルバイトや生活基盤確立の為のサポートを行うことで生活基盤を整え、将来、社会に貢献しうる有用な人材を育成し、若者の夢のある未来作りに貢献すると同時に、日本の産業全体の発展に寄与することを目的とした「給付型奨学金」です。

設立の趣旨

わが国においては急速な高齢化が進みつつあり、外食産業などサービス行を始めあらゆる業種で人手不足が深刻化しています。一方、アジア諸国の開発途上国においては、若年層人口は増加傾向にあり、日本に留学を希望する外国人留学生は傾向にありますが、その経済的基盤は弱く、生活基盤は不安定です。このことは優秀でありながら経済的理由により就学が困難な日本人の若年層も同じで、彼らに対しても適切なサポートが必要です。大学、専門学校で学ぶ日本人及び外国人留学生に就学と両立する適切なアルバイトを案内し就労の機会を作り、また様々な生活をサポートをすべく一般財団法人産業人材支援機構を設立するに至りました。一般財団法人産業人材支援機構では、日本人及び外国人留学生等に対し、新しい奨学金制度の導入を行なってまいります。

産業人材支援機構 代表理事 加藤 博敏

活動目的

学業に集中できる環境構築の為、奨学金を給付します。国籍・人種は問わず、皆さんを広くサポートし、卒業後に就業までを包括的にサポートする制度を構築しております。

教育機関に関する学生受け入れ拡大支援事業の実地、アルバイト職業、不動産斡旋等の実地

友好国との交流促進、および人材育成に資する事業の実地

これから日本への留学を希望する方への情報提供・留学支援イベントを開催し、留学生のベストパートナーを目指します。

友好国との経済関係強化、日本・友好国との協力事業の実地